2008年09月14日

内科治療!?外科手術?!

我が家の長男バズくんが大変な事になりました
それは11日の朝4時頃のお話です

毎年9月9日と10日
恒例の新潟片貝での花火大会の日

その記事は後日載せますね

11日の朝方4時頃帰宅

ただいま〜

いつもだったら顔をこちらに向けるのですが
その日は無関心なバズくん

なんかおかしい

とても眠かったし荷物の片付けもあったので
バタバタしてましたがバズくんの様子がおかしいのは
明らか・・・・!!!

触ってみると体がいつもより冷たい

ドテちゃんを触ってみると温度の差は歴然です

もう一度バズくんを触ると手の付け根辺りが膨らんでいる

またドテちゃんと比較してみるとそんなものはない

やっぱりおかしい

抱っこしてお腹を触ると痛がり毎年の夏恒例のソファーの後ろへ
隠れてしまった

ゲージを見るとウンチもいつもの半分以下のサイズ
水も減ってない
牧草食べてない
おしっこがどす黒い(いつもは黄色)

やっぱり
やっぱりおかしい(゜ロ゜!)(゜ロ゜!!)


お父さんに伝えるといつもなら全く心配しないお父さんが
かなり心配しているの・・・

おやつや大好きなパイナップルのタブレットを渡しても
口にもせず口に近づけると

要らない

こんなバズくんを見たのは初めての夫婦

本を見ると詳しく書いてなかった
もしかしたらシコリexclamation&question
今は何も出来ないバッド(下向き矢印)

心配だけど病院は9時から
それまで寝ていなかった体を休める為に就寝眠い(睡眠)

朝一で病院へ駆け込む

先生に事情を説明
まずは体重測定   1.40キロ

実はこの出来事の前にも大変な事態が起こりその時の診察では
体重1・45キロでした


その時のお話はまた次回ですm(_ _)m

診察を始めるとこの膨らみはである事が判明
ただ確定は出来ないのでお腹の毛を少しバリカンで剃り超音波

確かにバズくんのの辺りがパンパン

詳しく調べる為にレントゲンを2枚撮りました

写真が出来るまでの間お祈りし続けまた呼ばれる

先生の顔色がさっきまでと違う

ドキドキどんっ(衝撃)

診察の結果
胃から腸に続く通りが詰ってるか胃の活動が弱って
食べた物が消化出来ないかの2種類じゃないかと・・・

不安で泣きたい位。・゜(p′∧`q)゜・。

直ぐに点滴と注射3本を注入
食欲増進剤の薬を飲ませ診察終了

先生のお言葉

この薬で食欲が戻れば良いのですが
食べずに動かないとなれば最悪外科手術になります
でも手術をするのは本当に最悪の状態の時です

食べなくてもムシャムシャ口を動かすだけで
胃が活発になるのでいつもの量を与えて下さい

体を動かすようになれば胃も動きます
散歩が出来るようにゲージは開けっ放しで好きな時に
出られるようにして下さい

明日も必ず来て下さい


心配そうに私を見るバズくんもうやだ〜(悲しい顔)
1番辛いのはバズくんなんだよね(T^T) 

費用

再診料           500
超音波検査       1000
レントゲン撮影     6000 
皮下点滴+注射3本  3500 
院内服用          300

合計       ¥11300円


帰宅してお父さんに伝えると気になってソワソワしてました

寝るに寝れない
って疲れてたのに起きて
バズくんを撫でてあげてた

NEC_0486.jpg

白い模様の下が垂れてるの分かるかなexclamation&question


どの位の時間が経ったろう・・・?

朝9時に病院へ行ってから20時位かなグッド(上向き矢印)
ようやくバズくんが自分からゲージを出た

夫婦2人は何事もないようにバズくんの動きを観察
少しずつですが歩いてます

食べようとしなかったバズくんが
ペレットを食べた

まだいつものようじゃないけど

少し安心出来た

ウンチはまだ小さく牧草は全く食べない
水はペロペロ位

不安要素は沢山だけど歩いてるし気持ちが楽になれた




ニックネーム キーキ at 03:09| Comment(0) | バズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント